ゲームの雑感と備忘録。

主にゲーム、ソシャゲの雑感と備忘録。更新は不定期気味。

今更ながらPSnow for PCを遊んでみた

こんにちは。ぐずついたお天気で若干体調を崩し気味です。

 

さて、つい先日、ネットを眺めていると、とある記事を見かけました。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

PS3が出てからもう10年経ったのか。

日の経つ早さに驚きの言葉を隠せません。

 

PS3について言えば、発売された当初からずっと遊んでいたタイトルがいくつかあって、この記事を見てから、埃がかぶった年季の入った機体を引っ張り出して遊んでみたくなったんですが、電源が入らずでした。悲しい。

 

 

ちなみに、当時もっとも遊んでいたゲームはBO2

↓これ

f:id:Enigmadiary6:20170602204239j:plain

 

 

でした。今となってはスマホゲーをメインで遊んでいますが、「当時は戦闘民族だったんやなあ」としんみり。PS3では、定番のオープンワールド系のゲームとかも多く遊んだし、先日リマスターが発売された、Bioshock infiniteは(アメリカ的な)文化色が強いゲームですが、個人的に思い入れのあるゲームです。

 

 

そいで、ここからが本題。

久々にPS3のゲームを遊んでみたくなったので、「PSnowのPC版ってどうなん?」と思い、ネットで色々調べてみたんですけど、なんというか、どこを見ても「遊ぶも遊ばぬもあなた次第」みたいな当たり障りのない書き方の記事がてっぺんに来てて苛立ち。

 

PS4埃をかぶっていますがあるので、PCで遊べなくてもいいや、ぐらいの気負いで月額サービスに入ってみることに。

 

 

決済方法としては、クレカやPaypalでの決済か、アカウント内のウォレットからの引き落としか選べるようです。自分はとりあえず1ヶ月分だけ遊ぶ予定だったのでウォレットからの引き落としを選択。2500円でした。ちなみに3ヶ月の方が割安です。

 

 

☆PCで始めるまでの手順

  1. 公式サイトからPlaystation Nowのアプリケーションをダウンロードする。
  2. アプリケーション内で回線品質を確認して、プレイ環境が適しているか調べる。
  3. PSnowのサービスに加入する(7日間のおためし登録もあり)
  4. PS3PS4のコントローラ(Dualshock)を有線でUSBでつなげる(無線接続は周辺機器が必要)
  5. 遊べた。

 

PCでのユーザーインターフェイスはこう。例はみんごる6。

上段のツールバー的なものは、左側からホーム、飛んで、右側には、アカウント、利用規約、コントローラーの接続、最小化、最大化、拡縮(ゲーム自体の拡縮もできる)、終了が配置されている、シンプルな配置だ。

 

f:id:Enigmadiary6:20170602212043p:plain

 

 

気づいた点

  • 上のスクリーンショットの画面は、ゲーム開始時の待機画面だが、始まるまでに待っている時間がわりと長い(PCのスペック等によるのかな?30秒以上待たされるタイトルもある)。

 

  • ワイヤレスコントローラーのはずのDualshock4、有線でUSB接続しないと使えない。無線で遊ぶなら「DUAL SHOCK4 USBワイヤレスアダプター」が別途必要。

 

  • 200タイトル以上のゲームがあると謳われているが、配信されているタイトルには偏りがあるので、加入するときにはきちんと確認するべき。

 

  • 画質は概ね良好。クラウドサービスということもあってか、入力のわずかな遅延や画質に敏感な人にはあまりおすすめできない……かもしれない。

 

  • ある程度の早い回線(公式によると5Mbs以上)なら、ストリーミング形式でPCでの処理が少ないそうなので、PCのスペックはそこまで気にしなくてもいいかもしれない。

 

  • PS3PS4の本体がなくても、SENアカウント(PSNアカウント)、Dualshockコントローラー、PCがあればPSnowのゲームが遊べる(そんな稀有な方は少なそうではあるが)

 

 

 

 

物珍しさで登録してみたものの、気になった点に目をつぶれば、自分の知っているタイトルをつまんで遊んでみるのも楽しいです。配信されているタイトルについても、自分が思っているよりも案外粒ぞろいで……

 

 

 

f:id:Enigmadiary6:20170602222338p:plain

 

ん?

 

f:id:Enigmadiary6:20170602222646p:plain

 

「あっ、昔ニコニコのKoty*1でみたやつだ!」

 

眺めていると普段ならなかなか触る機会がなさそうなタイトルもあったので、これはこれで思わぬ収穫かもしれません。

 

それでは。

 

*1:ある一定の不支持を獲得したタイトルに送られる、不名誉な称号的なもの