ゲームの雑感と備忘録。

主にゲーム、ソシャゲの雑感と備忘録。

頭をからっぽにすると楽しめるゲームの話

先週から突然やってきた暑さですでにバテ気味です。

 突然だけどWatch Dogs買った

 

最近購入したゲームのタイトルは、発売してから半年ぐらい経った「Watch Dogs2」。据え置き向けのゲームタイトルを購入しました。

 

なんの脈絡もなく購入したというわけでありません。今から3年前、PlayStation4の初期型を購入したときに、同時に買ったゲームが「Watch Dogs」でした。当時発売されていた中では数少ないオープンワールド(箱庭)ゲームという触れ込みのPVを見て、「おっ、GTAVがPS4版で出るまでつなぎになればいいな~」ぐらいの気持ちで買ったのを覚えています。

 

これ。

ウォッチドッグス(特典なし)

 

 

そう思ったのも、主人公が「ハッカー」となり、近未来のハイテクな世界観の中でワルさをする。……のですが、一つのインフラで統合された電子機器をハッキングして、ときには監視カメラをつたってその先の電子機器を操作したり、ときには道路を爆破したりと、ハッキングの域を超えていて……

 

 「考え過ぎ問題」に直面する

  これはゲームに限らず、映画を見ていても思うことなんですが、私は、だんだんある分野に明るくなってくると、何かとツッコミを入れたくなる瞬間がやってきます。「ここはちょっとおかしくない?」とか「いや、ここはこうあるべきだろう!」であるとか、作品自体に水を指しかねない、そんな感情を抱いてしまう瞬間があります。「Watch Dogs」については、途中で触れたように、ハッキングの部分はやっぱり気になりました。

 

 「頭からっぽにして作品を楽しむ」

 

作品を見ている最中で

 

現実に戻らない。

比較しない。

指摘しない。

 

考えるのは作品を観終わってから、遊び終わってから。一時期、こんな至極単純なことができなかったがために、感情がドライになってしまっている時期がありました。もっと自分の手にとった作品を色彩豊かに観たいなあ。

 

 

 

ーーーーー

 

ここより先はおまけ。

 

Watch Dogsについて

 ・操作性

車の操作は微妙。これはもし続編が出るなら改善してほしい。

・ゲーム性

箱庭ゲーとしては十分満足できる出来で、GTAシリーズに抵抗がない人ならば特に問題はなさそう。

・ロケーション

無印はシカゴ、2はサンフランシスコが舞台。再現性が高い。

・シナリオ

現代社会に対する警鐘を鳴らしている。・・・かな?

・オンライントロフィーが面倒

わりと面倒。

 

 

ーーーーー

 

頭をからっぽにしながらハッキングのパズル要素をこなすのに頭使ってます。

 

6月のグラブルを振り返った

その前に。

 ブログのデザインを変更しました

CSSやHTMLの編集が面倒だったので、これまではほとんどデフォルトのテーマのままブログを更新してきましたが、導入するだけで簡単にデザインを変更できる「Brooklyn」のテーマをお借りしました。感謝。

Brooklyn - テーマ ストア

 

 

 

 

物申す系○○の人はメンタルが大事らしい。

7月の目標はメンタルを強くすることです。

いわゆるとうふメンタルをなおしたい・・・

 

今回はグラブル3ヶ月めを振り返ります。

 

 

■全体的な戦力が上がった

光が育って全属性の戦力が5万~6万ぐらいになりました。

 

 

■半額期間はシュヴァ通い

光の装備はこれまであまり手をつけられておらずボロボロだったんですが、「今月の光古戦場で四天刃を掘りたい」という目標のもと、ドロップが渋いと噂のシュヴァリエを中心に頑張ることに。

 

噂通りのドロップ率の悪さ。

 

そして、参戦してから1回行動できるかどうかの早押し合戦の参加が厳しい……(´・ω・`)

 

 シュヴァリエ・マグナを嫌というほど見ました。

 

f:id:Enigmadiary6:20170701142747p:plain

 

f:id:Enigmadiary6:20170701174407p:plain

 

 武勲の交換分も合わせ、古戦場までに、なんとかシュヴァ剣4凸を1本用意しました。光闇は本当に育成の速度がゆっくりなのを実感します。

 

それでもなお、だんだん自分が目指す編成が形になってきたのが楽しいです。上級者の方々から、「マグナが形になっていって成長しているときが一番楽しい」っていうのをたびたび聞いていたので、ちょうどそれが体感できている時期なのかもしれません。

 

 

 ■グラブルのアニメ全話チェックインしたよ!

SSR限定チケットが貰えるというのをきっかけで、私は主にAbemaTVからリアルタイムで、日曜0時から見てました。被りなしと聞いたんですが、どうだったんでしょう?

 

ちなみに私が引いたキャラは、

 

 

f:id:Enigmadiary6:20170701145218p:plain

 

 

ケルベロスでした。かわいい。

 

ちなみに最も印象に残ったのは、extra1もよかったんですが、個人的には宝探し回のルリアの髪がぴょこぴょこレーダーになって動くシーンでした。2期は・・・あるのかな?

 

 

■四天刃つくってみた

 

3月は左も右もわからず四天刃1本だけ。

4月はシエテ欲しさに七星剣。

5月はエッセルの方がいいよと言われ十狼雷。

 

そして6月。ようやく四天刃をとりました。

5本作って、あとは何色にするかお悩み中です。

 

 

(・・・栄光の証足りないな・・・?)

 

f:id:Enigmadiary6:20170701150324p:plain

 

 ■四天刃、つくって思ったことは・・・

 

そろそろ物申す系になるぞ(なりません)

 

ネットの評価の鵜呑みはよくない。

 

光の四天刃の評価、低いところが多いんですよね。

「よし、じゃあまず評価高い風と闇作るか」ということで1段階目の強化を終えて、「もともと光属性で、色変え前でも使えることだし、優先度が低めの光も試しに使ってみるか」という軽い気持ちで試してみると・・・

 

 

思いのほか、使い勝手がよかったです。時間を見つけて古戦場のEx+をオートでやってました。敵にデバフ入れてマウント入れてからあとはオート。エリュシオンでアビスや、アーミラの1アビなど、連撃バフを入れるアビリティを押す手間が減りました。

 

育成度合いとか手持ちによって評価が変わるところはあるんだろうけど、やっぱり自分で見て、考えて、やってみないといけないなあと思いました。どうしても、評価を先に見てしまう、評価を参考にしすぎてしまうクセを直したい!

 

 

オリヴィエ、セレマグ、セレマグHLあたりでもいい働きをするので、光の四天刃はしばらく使い続けることになりそうです。

 

f:id:Enigmadiary6:20170701172652p:plain

 

 

 

 7月は土を育てる予定です。ゼノウォフに向けて風も強化しないと!それでは。

ゲームを積んだワケ

 そんなことよりも

 

モンハンワールドめっちゃ面白そう。

 

 

www.youtube.com

 

 

 

数ヶ月前に、思いの丈をぶつけてしまったのを思い出したけど

 

 

enigmadiary6.hatenablog.com

 

 

初めてモンハンに触れたときの新鮮さが戻ってくるといいな。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

 

どうも。今回はおそらく冗長な内容です。

 

 

前回

enigmadiary6.hatenablog.com

 

(・・・引用した時点で初めて2週間放置してたことに気づく)

 

 

こうして、色々と書いてみたにもかかわらず、自分の知っているタイトルをいくつか掻い摘んで遊んでみただけで、どれもこれも途中で放置してしまったんです。PSnowはデジタルなコンテンツのものなので、「積んだ」というのは何か微妙にニュアンスに違和感がありますが、久々に「やっちまったぜ」という気持ちに。実際に遊んだPSnowのサービスについては、様々なタイトルの目を通せただけでも価値はあったと思うので、それなりに満足しています。

 

 

年齢の経過と共に、ゲームに割ける時間が減っていく人は多いと思います。それでもゲームを買って積むということについては、これまでは「計画性がないのでは……」とか「買うことが目標になっているのでは……」と思っていました。かくいう私自身、積んでしまったゲームも人生で何個かあります。

 

 

 

本題に入って、自身がゲームを積んだワケは3つ。

 

  • ゲーム1本あたりに割く時間が減る

 

  • 何本も手を出そうとして挫折

 

「ゲームを3本買って1本クリアした。残り2本。さあ残りの2本やるぞ」っていう気持ちになれなくなってくる年頃がやってくる日がある(かもしれない)

 

電源をつけてゲームのアイコンポチ。起動。それに慣れすぎた。

 

 

ゲームを積まないために自分が出した答えは、「自分が100点だと思うゲームを1個ずつ買っていけ」。正解かどうかはまだわからないですが、それなりに効果はありそう。

 

今更ながらPSnow for PCを遊んでみた

こんにちは。ぐずついたお天気で若干体調を崩し気味です。

 

さて、つい先日、ネットを眺めていると、とある記事を見かけました。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

PS3が出てからもう10年経ったのか。

日の経つ早さに驚きの言葉を隠せません。

 

PS3について言えば、発売された当初からずっと遊んでいたタイトルがいくつかあって、この記事を見てから、埃がかぶった年季の入った機体を引っ張り出して遊んでみたくなったんですが、電源が入らずでした。悲しい。

 

 

ちなみに、当時もっとも遊んでいたゲームはBO2

↓これ

f:id:Enigmadiary6:20170602204239j:plain

 

 

でした。今となってはスマホゲーをメインで遊んでいますが、「当時は戦闘民族だったんやなあ」としんみり。PS3では、定番のオープンワールド系のゲームとかも多く遊んだし、先日リマスターが発売された、Bioshock infiniteは(アメリカ的な)文化色が強いゲームですが、個人的に思い入れのあるゲームです。

 

 

そいで、ここからが本題。

久々にPS3のゲームを遊んでみたくなったので、「PSnowのPC版ってどうなん?」と思い、ネットで色々調べてみたんですけど、なんというか、どこを見ても「遊ぶも遊ばぬもあなた次第」みたいな当たり障りのない書き方の記事がてっぺんに来てて苛立ち。

 

PS4埃をかぶっていますがあるので、PCで遊べなくてもいいや、ぐらいの気負いで月額サービスに入ってみることに。

 

 

決済方法としては、クレカやPaypalでの決済か、アカウント内のウォレットからの引き落としか選べるようです。自分はとりあえず1ヶ月分だけ遊ぶ予定だったのでウォレットからの引き落としを選択。2500円でした。ちなみに3ヶ月の方が割安です。

 

 

☆PCで始めるまでの手順

  1. 公式サイトからPlaystation Nowのアプリケーションをダウンロードする。
  2. アプリケーション内で回線品質を確認して、プレイ環境が適しているか調べる。
  3. PSnowのサービスに加入する(7日間のおためし登録もあり)
  4. PS3PS4のコントローラ(Dualshock)を有線でUSBでつなげる(無線接続は周辺機器が必要)
  5. 遊べた。

 

PCでのユーザーインターフェイスはこう。例はみんごる6。

上段のツールバー的なものは、左側からホーム、飛んで、右側には、アカウント、利用規約、コントローラーの接続、最小化、最大化、拡縮(ゲーム自体の拡縮もできる)、終了が配置されている、シンプルな配置だ。

 

f:id:Enigmadiary6:20170602212043p:plain

 

 

気づいた点

  • 上のスクリーンショットの画面は、ゲーム開始時の待機画面だが、始まるまでに待っている時間がわりと長い(PCのスペック等によるのかな?30秒以上待たされるタイトルもある)。

 

  • ワイヤレスコントローラーのはずのDualshock4、有線でUSB接続しないと使えない。無線で遊ぶなら「DUAL SHOCK4 USBワイヤレスアダプター」が別途必要。

 

  • 200タイトル以上のゲームがあると謳われているが、配信されているタイトルには偏りがあるので、加入するときにはきちんと確認するべき。

 

  • 画質は概ね良好。クラウドサービスということもあってか、入力のわずかな遅延や画質に敏感な人にはあまりおすすめできない……かもしれない。

 

  • ある程度の早い回線(公式によると5Mbs以上)なら、ストリーミング形式でPCでの処理が少ないそうなので、PCのスペックはそこまで気にしなくてもいいかもしれない。

 

  • PS3PS4の本体がなくても、SENアカウント(PSNアカウント)、Dualshockコントローラー、PCがあればPSnowのゲームが遊べる(そんな稀有な方は少なそうではあるが)

 

 

 

 

物珍しさで登録してみたものの、気になった点に目をつぶれば、自分の知っているタイトルをつまんで遊んでみるのも楽しいです。配信されているタイトルについても、自分が思っているよりも案外粒ぞろいで……

 

 

 

f:id:Enigmadiary6:20170602222338p:plain

 

ん?

 

f:id:Enigmadiary6:20170602222646p:plain

 

「あっ、昔ニコニコのKoty*1でみたやつだ!」

 

眺めていると普段ならなかなか触る機会がなさそうなタイトルもあったので、これはこれで思わぬ収穫かもしれません。

 

それでは。

 

*1:ある一定の不支持を獲得したタイトルに送られる、不名誉な称号的なもの

お空の旅 11週目

どうも。だんだんグラブルにも慣れてきました。

 

 

■4ジョブへの布石

 

 

やったぜ。

f:id:Enigmadiary6:20170528184522p:plain

 

クラスⅣを取るのに必要なジョブマスターピースニルヴァーナとオリバーで迷い、結局オリバーを選んだので、大量の銃エレが必要になっちゃいました。島Hでこつこつ足りない銃をエレメント化してたけど……

ジャックポットをキメてクリス様の銃が交換できるようになったので、それを銃エレにします。

 

 

■ヨダ爺つええ(初心者並感)

風と闇にかまけていた私には厳しい。

ゼノイフリートさん、属性耐性もちなんですね。

 

このゼノイフさんは手練の人向けのコンテンツのようで。

 

それでも、少しだけ背伸びをしてみたくなって。

 

今回はExとHell70を中心に周りました。

 

装備・・・加護は鰻×鰻とか、鰻×マキュラ。メイン玄武斧、リヴァ短剣無凸並べ、バハムート短剣、ガブ杖(SR)、よくある感じの編成。

 

Extreme

f:id:Enigmadiary6:20170528185924p:plain

1wave ドランク1アビ

2wave グラン君Exアビアロレ→オート

boss  フルチェでごり押し

 

始めてからスタメン貼ってたヨダ爺がいい感じに輝いてます。

同時期に、ちょうどリミットボーナスが実装されていたので、防御を全部振ったら三幕が切れた時に不慮の事故が減った(気がする)。

2アビでゼノイフの獄炎をかわすのかっこよい。……よくない?

 

 

■ゼノイフ関連で気になったこと

・ゼノイフリートのマルチは自発赤箱がうまいらしい。

・雑魚のオイラァがボランティア精神で救援に入って2位3位を目指して殴ってみてるけど金剛杵はたまに出るくらいだった。

・ゼノイフの自発素材は共闘2-3のイフリートからも落ちるようだ。

・なので実力不足なら共闘で素材稼いで自発して自発赤箱狙いでもいい……のか?

・30万ぐらい貢献度を稼いで救援を流したけどマジで誰も来てくれない。

 

 

・よって自発してすぐに救援出してヨーイドンで殴ることになった。(現状)

 

 ーーー

 

現在は4本目の交換手前まできました。

 

f:id:Enigmadiary6:20170528195902p:plain

 

うーん、この調子だと今回は1本完成までで終わりそうです。

アグニス編成のつなぎに、イフ槍が2本3凸できたので、アテナ武器との入れ替えまでのつなぎにする予定。

 

 

 

ちょっとだけ落ち込んだけどゼノイフ武器つええですやん。

属性耐性に備えて全部の属性を育てなきゃ、なあ。

灰色

「あなたの尊敬する人はいますか(誰ですか)。」

 

 

自分はこの手の質問は未だに少し気恥ずかしさを覚える。

 

自分に接点がある人間関係の人、両親、恩師、上司、影響を受けた有名人……など、自分の人生観にそれなりに、もしくは多大な影響が与えたような人を挙げるのが答えなんだろう。

 

 

 

 

 

本題。これは意識の高い系ゲームをする人(笑)の独り言である。

 

ついぞ最近、変わった質問を耳にした。

「(自分が遊んでいるゲームタイトルで)尊敬する人は?」

 

 

私はよく考えてみると、いままでゲームの中において「尊敬する人」は今までほとんど会ったことはなかった。ゲーム内で尊敬するっていうことは、自分がその人に追いつくことを諦めてしまっている、または放棄してしまっている、と解釈していて、それを嫌っていたからだ。もちろん、人間的に「できている」人を見て、「ああ、この人のようでありたい」と思ったことは過去に何度もあるが、それはゲームの外側のお話だ。

 

 

だから、そういうときは、「目標にしている人は誰々」と考えること(答えることに)していた。同じゲームで遊、同じ土俵に立っているのだから、隙あらば追い越してやる、ぐらいの気負いでいたいと思っていた。

 

 

そんな、自身が「目標にしていた」トッププレイヤーの方の一人が、きょう、とあるゲームを辞めてしまった。日常生活の中での目標とする人や、尊敬する人というのは、言うまでもなく、突然消えたりするものではない。けれども、ゲームを辞めてしまった、引退してしまった、というのは、悲しくも突然のことが多い。

 

 

自分の目標のひとつがぽっと消えてしまったようで、自分の遊んでいたゲームの世界が色あせて灰色に見えてしまう瞬間の一つだった。

 

 

今日の気持ちはブルー、世界は灰色。

 

こんな日は、人の金で焼肉が食べたい。

こんな日もあるさ。

ソシャゲのガチャと騒動を見て思うこと。

走り書き。ごく当たり前のことを綴ります。

今回はスマホゲーとの付き合い方について書きます。

 

「ガチャで爆死した、消費者庁に連絡する」と、

著者の元にTwitterリツイートとそれに関する記事が回ってきたのが発端です。

 

 

この手の話題は人気タイトルのスマホゲーでたびたび見かけるのですが、ガチャ全般について、結論から書きます。

 

  • 「その金額を投入して、自分は納得できるのか?」
  • 「その金額を投入して、自分は楽しめるのか?」

 

これは、自身が課金する際のシンプルな二つの判断材料です。

また、スマホゲーやソシャゲとの付き合い方の一つだと考えています。

 

 

 

以後、長いあとがきを書きます。

 

1.課金しても遊びたいタイトルが増えた?

 

著者自身は、以前はとても課金には冷ややかな目だったし、「とてもじゃないけれども課金してまで遊びたい」と思えるタイトルはなかったんです。

けれども、近年、スマホゲーはどんどん進化をしていって、携帯専用ゲーム機と大差ないぐらい遊べるタイトルや、話題が話題をよぶような、人気となったゲームもどんどん増えてきました。

 

私がスマホゲーで初めて課金をしたタイトルは、スマホゲーでは老舗といっていい「パズドラ」ですが、当時は「早く強くなりたい」「色んなキャラを使ってみたい」「育成を早くすすめたい」と思って課金したのを覚えています。

 

 ここで、大きな沼が待ち受けていました。ガチャです。

 

 

2.ガチャはヤバい

「ガチャの値段を1回300円にした奴天才だわ」

これはある意味、発明だと思うのですが、今回は触れないでおきます。

 

意図せずキャラが当たったり、当たらなかったりするのがガチャです。

納得がいかないほど理不尽さを感じる人がいる一方で、ハッピーになる人がいるのがガチャです。

 

 

 

 

 3.そんなガチャを引かざるをえないとき

  • 「ガチャで当たるものがゲームをプレイする上で必須」
  • 「その時を逃すと今後手に入らない・・・かもしれない(期間限定etc)」

 

「ゲームを快適に遊ぶ上で重要」とか「このガチャのキャラは必須」であるとか、自分の意志ではなくガチャに付き合わされるパターンで、泥沼に陥りやすいです。経験者は語る。

 

これについてはゲームの運営サイドの方針の問題なので、自分のペースに合わないと思ったら、思い切ってきれいにやめてしまうのもいいのかもしれません。

 

 

4.おわりに。ガチャは自分本位でいい

「必須だから回さなきゃ」

SNSを見て&有名人がドヤっているのを見て、煽られた好奇心を駆られた」

のではなく、

 

最初に結論に挙げたように、自分が「納得できるか」「楽しめる」かどうかに尽きると思います。

 

 

これは著者自身への戒めとして書いたものであり、スマホゲーで遊ぶ、一人間のスタンスのあり方を記しています。